<< 9)Napoli ⇒漆と夜の散歩 | main | 10)Capri ∪弔瞭況 >>
2015.12.29 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.11.01 Saturday

    10)Capri \弔瞭況△

    0
      10)Capri \弔瞭況△

      晴れることを願った朝

      DSC05922.JPG

      古代ギリシャ時代
      海から眺めた島のかたちが
      イノシシ(カプロス)に似ていたことから
      その名がついた『カプリ島』

      ローマ皇帝アウグトゥスは
      この島に魅了され
      所有していたイスキア島と
      交換してしまうほどでした

      青の洞窟も
      古代ローマ時代には発見されていたそうです

      その後 洞窟は地盤沈下で沈み
      現在は水面より上の開口部は
      わずか高さ1m前後

      そのため天気が悪かったり
      波の高い日は中に入ることができません

      今年は特に確率が低いようです

      何度来ても入れない人もいるそうで
      こればかりは運次第

      少し雲のかかる空ですが
      ナポリの港から8時過ぎの高速船で
      島に向かいました

      DSC05926.JPG

      観光客の多くは
      カプリの港から洞窟までボートで行き
      小舟に乗り移ります

      できるだけ早くボートに乗ろうと
      トラブルにならないよう
      私たちのようなツアーは
      高速船内で添乗員さんたちがくじ引きをして
      ボートに乗る順番を決めるのだそうです

      人が多い時は
      揺れる小舟で2〜3時間待たされて船酔いしたり
      天候が変わって
      そのまま引き返すことも多々あるとか

      私たちの添乗員さんは
      なんと1番くじを引いてくれました

      ほんとうにツイています!

      大きな船なので揺れることもなく
      1時間ほどでカプリ島に到着

      ハイシーズンは
      たくさんの船がやってくるのでしょうね
      長ーーい船着場でした

      DSC05953.JPG

      船着場から続いているボート乗り場から
      30人ほど乗れるボートに移って
      洞窟を目指します

      DSC05962.JPG

      20140918170454(1).jpg

      昨日は入れなかったが
      今日は大丈夫だろうと現地ガイドさん

      ボートはガンガン飛ばすので
      水しぶきがすごい

      DSC05935.JPG

      DSC05952.JPG

      10分たらず走って
      小舟が待ち構える洞窟前に着きました


       
      2015.12.29 Tuesday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM