<< 『油壺』 -三崎への旅- | main | ユニーク!古代生物のぬいぐるみ >>
2013.01.20 Sunday

『絶景の家』 -三崎への旅-

0
     
     1月12日(土) 午後

     去年の6月
     オスロからオーフスに向かってバルト海を航行中のディナーで
     隣席だったT氏から
     家の露天風呂から富士山が見えるんですよと
     素敵なお宅の話しをお聞きしました
     
     同じテーブルの皆さんで
     ぜひご一緒にお伺いしたいですね〜!と盛り上がり…

     ふつうは話しだけで終わってしまうところなのですが…

     いろんなご縁が重なって
     その時同席していた3夫婦を招待してくださることになりました

     昨秋、大阪の画廊でお会いした洋画家の荒木さん以外とは
     7ヶ月ぶりの再会です

     

     海際の
    傾斜地に建つT邸
     
     露天風呂やプライベートルームのある階から
     リビングフロアへと下りて行きます

     海に向かってガラス戸が全開となるリビングからデッキに出ると
     目の前に広がる相模湾

     そして正面には
     小田原から熱海あたりにかけての海岸線と富士山!

     真下はパームが潮風にゆれる砂浜です

     みんな歓声をあげました〜
     
     T邸4.jpg

     この日のために
     会社の社長室の美女たちがお手伝いに来てくださっていて
     テーブルには溢れんばかりのご馳走が並んでいました

     三崎の鮪問屋『鈴木水産』の鮨店『豊魚』から
     取り寄せていただいた豪華な盛り合わせ
     
       中トロ、大トロ、アワビ、天然ヒラメ、タラバガニ、
       ボタン海老、ウニ、イクラ、赤貝、玉子

     他にも、お刺身、カニ、生ハム、赤ナマコ、鯨、などなど
     
     T邸1.JPG T邸2.JPG

     止まらない美味しさで、お鮨を真っ先に平らげてしまいました
     
     「あっ」と指さされた窓の外には
     風にのって飛んでゆくハンググライダーが…

     T邸3.jpg

     次々に注がれるワインで火照った顔を
     デッキに出て風に当て
     時間とともに表情を変える景色に見入りました

     手前の山は箱根でしょうか
     
     T邸5.jpg

     この場所から
     葛飾北斎が富士山を描いたといわれてるんですとお聞きして
     なお感動…

     9月の数日間は富士山の真上に夕陽が沈み
     その瞬間、山が真っ赤に染まるそうです

     
     こんな世界が ここでは日常 という贅沢。。。。


     T邸6.jpg

     このリビング
     カラオケ設備もあって音響もgood、
     最後には演歌からシャンソンまでカラオケタイムとなりました

     帰り際には
     おしゃれなT氏の数えきれないほどのコレクション
     帽子・サングラス・靴を拝見しにプライベートフロアへ

     荒木さんの東京での個展で購入された
     少女の油絵の額も飾られていました


     この夜は
     横浜・桜木町駅前の『ブリーズベイホテル・リゾート&スパに宿泊

     翌日は中華街やT氏のショップを回って新幹線で帰宅しました

     
     すべての移動がタイミングよく
     三崎のみならず鎌倉や横浜まで楽しんだ3日間


     一期一会

     出会いに感謝!


     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM