2013.01.28 Monday

美と出会い、人と出会う

0
     
     今朝も 車にうっすら雪が積もっていました

     シンガポールの旅から戻ってひと月が過ぎ
     あのむっとする暑さが恋しい…

     記憶が薄れる前に
     書き残した旅の思い出を綴ります


     美-052.jpg 


     最終日に一人で入ったアジア文明博物館

     想像以上の充実した展示作品に見入っていると
     ある女性から声をかけられました

     彼女はシンガポール在住の日本人で
     この博物館で日本語ガイドのボランティアを始めたばかり

     初体験のガイドが納得のいく出来でなかったので
     もしさしつかえなければ
     練習のために
     特別展を案内させてもらえないでしょうかと…

     一人でここに来る人は
     自分だけで静かに見たい人が殆どなので
     声をかけようかどうしようか躊躇していたそうです


     無料でマンツーマンのガイドをしてもらえるなんて
     こちらこそ願ってもないこと

     喜んでお願いしました


     どこのイヤホンガイドも主要作品を選んでの説明ですが
     彼女は1作品ごとに丁寧に解説をしてくれて
     私の質問にも明確な返答

     美術館や博物館の案内は
     常設の他に毎回変わる企画展についての知識も必要なので
     予習もかなり大変だろうと思います

     同年代で話しやすかったからでしょうか
     個人的なこともいろいろお話ししてくださいました

     美-037.jpg

     タイ美術を1時間かけて見てまわり
     彼女と別れてから
     もう一度写真を撮りに会場を引き返しました


     シンガポール最後の夜は
     彼女おすすめレストランのプラナカン料理にみんな大満足


     アジア文明博物館は心に残る場所となりました
     



    2012.12.28 Friday

    森の中のランチ in Singapore

    0


       2日目のランチは
       リトルインディアからタクシーで
       最新の注目エリア“デンプシーヒル”

       ボタニックガーデン近くの緑豊かな丘には
       イギリス軍の施設があったそうですが
       今では古い建物や教会をリノベーションした
       レストランやショップが点在しています

       p.s.cafe01.jpg

       着いたよとドライバーに指さされたところは
       路端の小さなプレートがなければ
       その小道の奥に建物があるとは気づかない場所でした

       p.s.cafe02.jpg

       アプローチから素敵な一軒家カフェ『PS.Cafe at HARDING

       『PS.Cafe』は市内に数店舗ありますが
       ここは森の中の隠れ家のよう
       
       p.s.cafe03.jpg

       満席でちょっと待つ間、大木が鬱蒼と茂る庭へ

       深呼吸したくなります (写真は友人)

       p.s.cafe04.jpg

       客の9割ほどはシンガポール在住の欧米人のようです

       私たちの後も次々と人がやってきます

       p.s.cafe05.jpg

       オーダーしたのは
       モロッコのマラケシュ料理、オーガニックサラダ、
       パスタ、ブルーベリーパンケーキ

       飲み物はオーガニック野菜ジュ―スやオリジナルブレンドティー

       毎回食事は4人でシェアしていただきます

       目で森林浴をしながら
       料理はどれも美味しくて、チョイスもGood

       ここまで足をのばして本当によかった…
       
       p.s.cafe07.jpg

       p.s.cafe06.jpg  p.s.cafe08.jpg


       食後、カフェの奥に広がるデンプシーヒルを歩いてみました

       『ジョーンズ・ザ・グローサリー』は
       カフェと併設でパンやチーズ・ワインなども販売
       
       デンプシー.02.jpg

       アートギャラリーやエスニック家具店をのぞき
       日本人オーナーのテキスタイルショップ『em garelly』に入っていると
       外は激しいスコール

       デンプシー.jpg

       お店でタクシーを呼んでもらって一旦ホテルに戻り
       日暮れからはアラブ・ストリートに出かけました



      2012.12.27 Thursday

      シンガポールのローカルフード

      0

         3日間の滞在ながら
         シンガポールの味をより多く楽しみたい!
         
         早朝到着した初日のランチは
         ローカルフードの名店がずらりと並ぶ
         オーチャードの『Food Opera
         外せない料理をまとめて選びました

         好きなストール(お店)で注文した料理を
         席に持ち寄っていただきますが
         人気スポットのため満席、ようやく相席を確保しました

         シンガポール名物といえば
         茹でた鶏肉とその煮汁で炊いたご飯「海南鶏飯(チキンライス)」

         名店「チャターボックス」のシェフが始めたストール
         『サージェント・ハイナーズ・チキンライスからは
         茹でた鶏「白鶏」
         蒸して焼いた鶏「焼鶏(下写真)の2種類をオーダーして
         ジューシーとパリパリの味比べ

         チキンライス.jpg

         『ヨン・シン・フライド・ホッケンミー』の
         福建式海鮮焼きそば「炒福建面」
         黄色の太麺(ホッケン・ミー)とビーフンを合わせた麺が特徴

         ライムを搾ってサッパリ味にチリサンバルのピリ辛が効いてきます

         他にプラナカン料理から野菜3種

         席には
         おばさんが蒸篭が山積みのワゴンを押しながら
         飲茶を売りに回ってきました

         フードオペラ.jpg

         もう一つのシンガポール名物、チリクラブは
         一昨年マカオでいただいて満足した私たちはあまり興味なく
         今回はパス

         土鍋のカニビーフンには惹かれていたのですが
         最終日の夜は本格的なプラナカン料理を堪能しました



          「森の中でランチ」につづく


        2012.12.25 Tuesday

        フラトン

        0

           1928年に完成した
           シンガポールの歴史的建造物
          フラトンビルディングの名は
           初代植民地総監ロバート・フラトンに由来します
           
           第2次世界大戦中は様々な役割を果たし
           戦後は中央郵便局や政府機関として使われてきました

           2000年、約240億円を投じて改装され
            『The Fullerton Hotelとして生まれ変わりましたが
           風格ある吹き抜けのロビーの奥には
           今でもポストオフィスがあります

           フラトン.jpg

           ザ・フラトンのマスコットテディベアは
           昔の郵便配達人姿のタイプも売られていました

           クリスマスツリーもテディベア

           
           12.16-045.JPG

           もし もう一度
           シンガポールを訪れることができるなら
           このホテルの
           上質リネンのベッドで眠ってみたい…



          2012.12.21 Friday

          破壊の神

          0

             古代マヤ文明
             14万4000日周期の長期暦『バクトゥン』

             その暦が終わる13バクトゥンの最終日が
             2012年12月21日ということで
             世界中に
             今日人類が滅亡すると信じる人々がいました

             南フランスにあるビュガラッシュ山には
             唯一ここにいれば生き残れるからと
             大勢の人が集まったそうです

             なんでも、この山は
             山頂の地層が下よりも数百万年古く
             未確認飛行物体の目撃も多い不思議な山で
             ノストラダムスも訪れたと言われています

             この山には巨大な飛行物体が埋もれていて
             地球が滅びる直前に
             ビュガラッシュ山にいる人を中に救い入れて
             宇宙へ飛び立つのだとか…(^▽^;)

             洪水で滅びるとも噂されていましたが
             私の周囲はわずかな雨で済み
             つつがなく一日が終わろうとしています

             今日、長い暦が終わりを告げ
             明日からはまた新たな創造の世界が始まるのであれば
             来年はきっと良い年になることでしょう 

             シヴァ.JPG

             ヒンドゥー教の3つの最高神は
             宇宙を創造を司る『ブラフマー神』
             宇宙の維持を司る『ヴィシュヌ神』
             そして人々に最も人気のある
             宇宙の寿命が尽きた時に世界の破壊を司る『シヴァ神』

             写真は
             シンガポール最古のヒンドゥー寺院
             『スリ・マリアマン(Sri Mariaman Temple)』
             ヴィシュヌ神の化身『クリシュナ』です



            2012.12.18 Tuesday

            帰国しました

            0

                Picture1.jpg


               2泊とは思えないほどのディープな旅から戻りました


               話題のマリーナ・ベイ・サンズに泊まらない…
               セントーサ島にも渡らない…
               名物チリクラブも食べない…
               私たち流の楽しみ方

               異文化・異宗教が混在する街シンガポールで
               マレーシア・中国・インド・アラブ・インドネシア・タイと
               各国を駆け巡るように
               アートと食を堪能しました



              Calendar
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << May 2017 >>
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM