2015.12.29 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.02.10 Sunday

    15代は純米大吟醸

    0


       今日は旧暦のお正月 『春節』

       
       『篠山手造り酒の会』の純米酒は節目の15年目を迎え
       記念の大吟醸となりました

       
       
       今朝、moominは仲間ご夫妻の車で
       丹波市市島町の酒蔵『山名酒造に瓶詰めへ


       5年ぶりに
       芯拍の多い「一等米」の評価を得た今年度の山田錦は
       精米量780kgから
       純米大吟醸酒800キロリットルが出来上がりました


       お世話になった杜氏さんのお話しでは
       「お米の持ち味をそのまま生かした、華やかさはないが玄人好みの
       素直な昔ながらの香りのする、良い酒に仕上がった」とのことです

           15代.JPG
       
       

       ラベル制作は篠山在住の会員 銅版画家の加藤昌男さん

       
       
        
       今年から川北の田圃を借りられなくなったため
       
       
       稲木と鎮守の森のデザインのラベルも見納めとなります


       
       数日自宅でねかせた後
       
       お待ちかねの皆さまに発送を始めます

       
       いましばらくお待ちください


      2013.01.07 Monday

      手造り純米酒の三段仕込み

      0

         今年度、一等米の評価を受けた
         『篠山手造り酒の会』の山田錦

         15年目の今年は記念の大吟醸となります

         昨日6日は
         三段仕込みの初日、“初添え”の日

         早朝からmoominは仲間のご夫妻の車で
         篠山の更に奥
         丹波市市島町の山名酒造さんへ向かいました

         初添え.jpg

         蒸した酒米を樽に運ぶ作業(moomin撮影)は
         あっという間に終了し
         料亭旅館『大和』に場所を移しての新年会で盛りあがったそうです

         2月末には
         『十五代篠山 川北』が出来あがります(*^▽^*)

         
        2012.10.24 Wednesday

        今年は一等米!

        0

           篠山手造り酒の会 会長から、嬉しい知らせが届きました

           十五代の山田錦は酒米検査で一等米〜!

           (*^▽^*)
           
           一等米の印
           真ん中に丸のハンコの写メが添付されていました

            IMG_2121.jpg

           二等米が続いていたので、十一代以来 久々です
           

           区切りの十五代を記念して
           今年は大吟醸の仕込みとなるそうです


          2012.10.07 Sunday

          酒米“山田錦”の稲刈り

          0

             台風で一週間延期となった
             篠山手造り酒の会『十五代篠山 川北』
             酒米の稲刈りと天日干し

             私は仕事で参加できず、本当に残念でした

             写真はmoomin撮影

             MA330130.jpg

             雨でぬかるんだ田んぼには
             前日の作業で稲木に架けられず
             そのままにされた稲の束も多かったそうですが
             皆さんの頑張りで無事終了!

             MA330131.jpg


             今週末は脱穀です

             さて 今年はどんなお酒になるのでしょうか

             田植えから今日まで 会員の皆さま お疲れさまでした!



             手造り酒の会については
             カテゴリーの『篠山手造り酒の会』をどうぞ

             
            2012.09.30 Sunday

            酒米の稲刈り 順延

            0

               昼前から台風の風雨が強まり
               突風で家がミシッミシッと揺れました

               今日は酒米山田錦の稲刈りの予定でしたが
               やむなく順延

               久しぶりに作業に行けると
               楽しみにしていたのですごく残念!

               来週末は仕事で参加できません…

               刈った稲は稲木で天日干しのあと
               脱穀されます

               あと1週間
               篠山の稲穂はこの台風にも耐えて
               無事収穫できるでしょうか

               ◆
               
               篠山手造り酒の会
               『十五代篠山川北』の田植えについてはこちら
               

              2012.06.09 Saturday

              早苗饗

              0
                 
                 早苗饗(さなぶり=さあがり)とは
                 田植え始めに神を迎える行事『さおり』に対して
                 田の神を送る行事のこと

                 そこから転じて
                 無事に田植えが終わったことを神に感謝していただく宴も
                 さなぶりと言うそうです

                 今日は
                 小雨まじりの篠山にて十五代の田植えの日

                 MA330103.jpg

                 私は仕事で参加できなかったので、moominが撮影した田植え風景です

                 今年は参加者が多く
                 何組かに分かれて交代で田んぼに入ったとか

                 ちょうど打ち上げで盛り上がっている時に電話をして
                 会長から『早苗饗』という言葉を教えていただきました

                 これから暑くなる毎週末の除草作業が大変ですね

                 だからこそ
                 作業をがんばった皆さんは
                 できあがった新酒をいただいた時の感慨もひとしおでしょうが



                 ◆篠山手造り酒の会については右欄のカテゴリーからどうぞ



                2012.02.11 Saturday

                純米新酒 できました!

                0
                   篠山手造り酒の会 『十四代篠山 川北』 のできあがりです!

                   今朝は篠山を過ぎたあたりから うっすらと雪景色でしたが
                   チェーンをせずに酒蔵まで往復できて ひと安心…
                   
                   帰宅後、毎年恒例 祖母の屏風の前で記念撮影です

                   写真は500ml瓶
                   会員の銅版画家加藤さんが もう1枚別デザインのラベルも摺ってくださいました
                  IMG_1501 - コピー.JPG
                   今年度は酒米の収穫量が少なかったため 精米歩合は68%

                   アルコール分17度、日本酒度+3のやや辛口です

                   また 刈りが少し遅れたため
                   去年までの酵母ではくどい味になる可能性があるということで
                   協会701号が使われました

                   いろんな意味で いつもと違ったお酒になりそうです

                   この1年
                   酒米作りに汗を流してくださった会員の皆さん
                   山名酒造さま  青木杜氏  ありがとうございました!

                   
                   週明けから発送を始めます
                   お待ちくださっている皆さま どうぞ お楽しみに…



                   
                  2012.02.01 Wednesday

                  薩都刺 『老鶴(ろうかく)』 酒の詩

                  0

                        『老鶴(ろうかく)』 
                     薩都刺


                     
                    山酒吹香出小樽 灯前痛飲汚青袍

                     夜深夢醒知何処 老鶴一声山月高


                     山中で仕込んだ酒は よい香りをあたりにまきちらし
                     小さな酒船からしたたり落ちる

                     ともしびを前にして したたかに飲み
                     (官僚の着る)青い上着にしみをつけてしまった

                     いつの間に寝てしまったのだろう
                     夜が更けて ふと夢からさめた

                     さて ここはどこだったのか

                     と、そのとき 

                     もうろうとした意識をつき破るかのように
                     年を経た鶴の かん高いひと声

                     山の月は高くのぼっていた


                     

                     薩都刺は元の時代の詩人

                     漢民族ではなく
                     イスラム系タシマン族の出身と言われているそうです

                     イスラム系の詩人が読む酒の歌というのが
                     また面白いですね


                     

                     『十四代篠山』の瓶詰めまであと10日…

                     さて 丹波の樽の中には
                     どんな香りが満ちているのでしょう


                    2012.01.09 Monday

                    手造り純米酒の仕込み

                    0

                       酒の会発足翌年に入会した当時
                       あの『十四代』を越せるかなと笑って話したものでした
                       
                       私たちの純米酒も あれから随分年月を重ね
                       いよいよ篠山手造り酒の会“十四代篠山 川北”
                       仕込みが始まりました
                       
                       今年も
                       丹波市市島町の山名酒造さんにお世話になります

                       昨日の仕込みは朝からの作業

                       阪神間在住のメンバーは
                       道路凍結の恐れありで丹波行きを断念

                       本年度は旅行で稲刈りにも参加できませんでした


                       瓶詰めは来月12日です

                       毎年お待ちいただいている皆さま どうぞお楽しみに!


                         昨年6月の田植えの様子はこちらから
                       
                         田植え後の作業は
                         左カテゴリーの『篠山手造り酒の会』をご覧ください


                      2011.10.15 Saturday

                      稲刈りが心配

                      0
                          手造り純米酒
                          『十四代篠山 川北』の酒米

                          先日 杜氏さんに田んぼを見ていただき
                          稲刈りがこの土日に早まりました

                          例年のように稲木で天日干しすると
                          お酒の味がくどくなるとのアドバイスで
                          今年は
                          初めて天日干しなしでの脱穀へ
                          
                          ところが
                          昨日の雨で稲が濡れているため
                          日曜一日で一気に作業することになりました

                            田植えの様子はこちらから→ 

                            その後の作業は
                            カテゴリーの『篠山手造り酒の会』をご覧ください

                          明日の日曜日
                          稲刈りの他にも
                          茶畑の作業、姪っ子の落研の発表会などなど
                          たくさんのことが重なりました

                          私は土日共仕事のため
                          いずれも残念ながら行くことができません

                          酒の会&お茶探検隊の皆さま、スミマセン!

                          天気が回復して 作業がはかどりますように

                          
                        Calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM