2014.11.21 Friday

『41的おでかけ日和』展

0

    明日22日〜24日の3連休は
    京都勧業館みやこメッセにて
    “41的style”のグループ展

    DSC06742.JPG

    今年のテーマは半襟と日傘ですが
    私はテーマに外れた(苦笑)帯を
    1つだけ出しています

    ボストン美術館展や紅葉散策に
    岡崎にお出かけの際は
    みやこメッセ地下1階
    ふれあい館内のイベントルームにも
    お立ち寄りください

    http://www.miyakomesse.jp/fureaika/
    http://www.miyakomesse.jp/fureaika/event.php#03

    今日の搬入で
    久しぶりにメンバーの皆さんにお会いしました

    DSC06735.JPG

      *“41的style”は
       京都市主催友禅技術者研修
       41期卒業生からなる染色集団です



    おやすみしていた南イタリア紀行も
    明日から再開します


     
    2014.10.12 Sunday

    色違いの帯

    0

      イタリア出発前日まで
      色さしに没頭していた帯

      去年と同じ柄の色違い

      手織り紬のざっくりした生地が
      とてもいい風合いです

      糊をおとして蒸しから戻ってくると
      色が鮮やかになっていて
      嬉しい仕上がりとなりました

      DSC06644.JPG

      毎年恒例のグループ展には
      この帯を出そうかと思っています

      2014.11.22〜24

      『41的STYLE』展

      京都市勧業館 みやこめっせ B1
      ふれあい館 イベントルームにて

      http://www.miyakomesse.jp/

      京都市手描き京友禅技術者研修
      第41期生の同窓展です

      会期中
      京都市美術館近くにお越しの節は
      お立ち寄りくださいね


       
      2014.09.10 Wednesday

      対比の帯

      0

         去年と同じデザインながら
         質感の違う生地と色で
         まったく印象の異なる帯になりました

         DSC04276 - コピー.JPG

         訪問着になりそうなくらい
         重い(柄模様の多い)手描き京友禅

         ゴム糸目が見にくい地色で苦労しました

         旅行前日に
         色さしがようやく完成

         これで心おきなく出発できます
         

         
        2013.04.19 Friday

        会心作

        0
           

           とんぼ返りで京都へ

           今年最初の京友禅の帯が完成しました

           帯.jpg

           
           
           
           写真は
           帯をしめると隠れて見えない部分ですが
           気に入っています

           

           

          2012.09.27 Thursday

          ロウ描きの季節

          0

             部屋を抜ける風が涼しくなってきて
             ようやく
             ロウを溶かすコンロを出そうかしらと
             思うようになりました

             ジャワ更紗のロウ描き用の道具“チャンティン”は
             買いためたものを大切に保管しています

             しっかりと硬く溶接の丁寧なこんな銅製の口先は
             今ではなかなか手に入りません

             

             使いこんだチャンティンも手入れをして
             これからのロウ描きに備えました



            2012.08.24 Friday

            京友禅の苦心作 完成

            0

               流水地紙.jpg

               京友禅の新作がようやく出来上がりました

               3色の濃淡と
               挿し色のサーモンピンクだけの少ない色数ですが
               流水のおかげで
               地味なような派手なような
               よくわからない(笑)仕上げになりました

               全体の4分の1ほどは金でくくっています

               流水地紙アップ.jpg

               
               処暑を過ぎ 朝夕の風がかわってきましたが
               まだまだ日中は暑いですね

               次作はジャワ更紗のチャンティンを使って
               ロウ描きの着物を染めます

               もう少し凌ぎやすくなってから
               コンロをつけることにしましょう


              2012.07.13 Friday

              私らしくない

              0

                 蒸し暑い 雨の京都


                 私らしくない柄  私らしくない色

                 そんなヘンな目標で挑んだ訪問着

                 暑がりの私が電気コンロの前に座ること5時間…
                 ようやく友禅(色さし)ができあがりました

                 CIMG3808.JPG

                 次作はWulanカラー全開で…(笑)

                 終わった脱力感でぼーっとしていると
                 こんな和菓子を出していただきました

                 京菓子司『亀廣永』【したたり】

                 昭和46年 亀廣永が
                 祇園祭で出す菓子を菊水鉾町から依頼されて作りだした
                 菊水鉾献上のための和菓子だそうです

                 CIMG3820.JPG

                 あっさりとした沖縄黒糖の甘さが口に広がりました


                 京都は明日から祇園祭の宵山です

                 
                2012.05.18 Friday

                京友禅の色さし

                0

                   朝から京都へ

                   地色を渋めの色合いに染めたので
                   模様は色数少なく薄めに仕上げていきます

                   CIMG2807.JPG

                   広い面を刷毛で塗る時は
                   ムラにならないかと緊張の連続です

                   CIMG2810.JPG

                   お昼御飯はいつもは師匠と近くに出かけますが
                   今日は時間節約
                   一緒に『あと村』のお弁当をいただきました

                   CIMG2809.JPG


                   片羽刷毛でのボカシが苦手な私…
                   
                   この着物で何とかコツをつかみたいと思っています〜



                  2012.04.17 Tuesday

                  伝統柄の糸目ゴム糊置き

                  0
                      
                      CIMG1966.JPG

                      花吹雪… 花筏… 日本語は美しい…

                      自宅近くの桜並木 なごり桜を楽しみながら京都へ

                      CIMG1974.JPG

                      次回で糸目ゴム糊置きがようやく終わります

                      CIMG1979.JPG

                      地色も決まり、思いは挿し色の配色へ


                    2012.04.03 Tuesday

                    春嵐

                    0

                       雨に打たれる蕾桜の並木道

                       空模様が心配ながら 京都へと出かけました

                       友禅の前にお伺いした
                       大好きな織り作家枡蔵順彦さんの作品展

                       こちらでの
                       心ときめく出会いについては また いつか…

                       -- “夢訪庵” 枡蔵順彦さんの人気blogはこちら --

                       

                       
                      今回の伝統柄も糸目ゴム糊
                       前作よりも細い金口で描いていきます

                       気づけば 雨脚強くなり
                       暗雲たちこめて 庭の木々も見えないほど

                       遠くで雷鳴も響いています

                       CIMG1920 - コピー.JPG
                       
                       夕方の京都は
                       数時間前が嘘のように明るく西日がさしていました

                       ひと安心して戻った自宅近くは
                       山から吹き下ろしの向かい風で目も開けられないほど

                       目まぐるしく変わった天気でしたが
                       半日でニ分咲きとなった桜道を歩く私の心境は…

                         春嵐胸中の川静かなる (松原仲子)



                       
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM