2014.04.08 Tuesday

Atelier Bobineの帽子

0

     昨日 たん熊本店に向かう道すがら
     小物・アクセサリーのセレクトショップ
     【mekikki

     花粉に悩むこの季節
     外出に帽子は必携

     さすがmekikki

     これまで
     なかなか気に入るものがなかった
     髪をすっぽり覆うデザインを見つけました

     
     DSC03698.JPG DSC03699.JPG

     ↑写真では普通っぽいけど被ると素敵!

     DSC03700.JPG

     ↑散歩や運転にぴったり

     どちらも東京・武蔵野
     【Atelier Bobine アトリエポピン
     手作り帽子だそうです


     昨年のお花見会の際にも立ち寄ったことを
     店主が覚えていてくださって
     嬉しい出会いのひとときでした 



     
     
    2013.12.07 Saturday

    露天風呂をひとり占め

    0

       DSC03310.JPG

       鞆の浦 早朝

       ホテル屋上の露天風呂にただひとり

       明けゆく眺めは絶景・・・

       DSC03316.JPG

       ここは
       国立公園に最初に指定された景勝地

       向いの仙酔島は
       仙人も酔ってしまうほど美しい島
       ということから名づけられたとか


       
       ぼちぼちしか進まない
       北スペイン紀行のインデックスはこちら



       
      2013.10.17 Thursday

      初撮り

      0
         

         DSC00010.JPG

         須磨駅のホームから海岸が垣間見えます

         新しいデジカメの練習に
         遠くの釣り人を撮ってみました

         こんなにズームが鮮明なんて…驚き…

         DSC00006.JPG


         
        2013.10.15 Tuesday

        想像以上のスグレモノ

        0

           P1180036.JPG

           コンパクトデジカメを買い換えました

           Cyber-shot DSCHX50V

           広角20mm 光学30倍 360度スイングパノラマ

           フルハイビジョン動画撮影

            商品説明はこちら


           これで旅にビデオカメラは不要に



           
          2013.06.28 Friday

          ジグソーパズル

          0


             
             実家に眠っているジグソーパズルを持ち込んで
             母はリハビリをかねた時間つぶし
             

             
             
             ソウル土産の500pieceの白虎の次は
             
             750pieceのかわいい街

             
             ジグソーパズル1.JPG ジグソーパズル2.JPG

             英国・ブライトンのバザーで1£だった
             1000pieceのクイーンエリザベスの肖像画は
             さすがに病室のテーブルでは足りません・・・








            2013.06.26 Wednesday

            NPO道普請人=村人たちで道をつくる

            0


               
               子供のころ
               雨の日に水たまりを走り過ぎる車に
               バシャッ!と泥水をかけられたものです

               
               最近では
               
               どろんこ道やでこぼこ道が少なくなり
               整備された道が当たり前になってしまいました

               

               しかし世界には
               隣村に行くことさえ困難な村が無数にあります

               道が整備されると
               経済的な流通も生まれ
               貧しい人々の暮らしを豊かにすることにもつながります

               もし自分たちが使う道を自分たちでなおせたら…
               そして
               村人たちで道を整備し維持管理していくことができたら…
               

               
               

               開発途上国の農村の人々が利用する道やため池を
               現地に適した方法で
               その土地の材料を使って補修する技術を指導し
               
               以後村人たちで解決していくことを目指している団体があります

               
               
               NPO法人『道普請人(みちふしんびと)

               
               道普請とは、道路を直したり、建設したりすることで
               
               日本では昔から
               共同で生活に必要な様々な作業を行ってきました

               『道普請人』では
               日本の伝統技術「土のう(土を入れた袋)」による
               道路整備手法を開発しました

               2005年に初めて土のうによる道路改修を開始した
               パプアニューギニアではその距離延べ約60km
               

               ケニア、タンザニア、南スーダン、モザンビーク、ガーナ、
               東チモール、フィリピン、ベトナムなど活動範囲は広がっています

               
               昨年度の事業報告書を読むと
               
               新たにミャンマーでも外務省の連携事業が始まったようです

               

               ただ与えて終わるのではない
               技術指導と村人たちでの継続と定着化

               
               
               私はこの活動に感銘を受け、昨年会員になりました

               

               500円で開発途上国の農道を1m補修できます

               会員の他に寄付も受けつけています

               

               



              2013.06.10 Monday

              アカ族の珈琲豆

              0



                 ミャンマー、ラオス、タイがメコン川で接している山岳地帯
                 ゴールデントライアングル

                 この一帯はかつて
                 ヘロインの原料となるケシや麻薬、覚せい剤の
                 世界最大の密造地帯でした

                 タイ北部のチェンライ周辺に住む少数民族にとっては
                 唯一の換金作物でしたが
                 大きな利益を得るのは原料を加工し販売する麻薬業者

                 少数民族は麻薬業者から流れた麻薬に中毒となり
                 貧困に苦しみました

                 こうした状況を改善するため
                 1988年、タイ王室のメイ・ファー・ルアン財団によって
                 「ドイ・トゥン開発プロジェクト」がスタートしました

                 チェンライの農民に
                 コーヒーの栽培方法を指導して
                 ケシなどの麻薬栽培からの転換を試み
                 生産したコーヒー豆を適正価格で買い取って
                 農村の収入にすることで麻薬を撲滅するというプロジェクトです

                 P1160563.JPG

                 
                 チェンライの少数民族アカ族が作った無農薬のコーヒー豆が
                 煎りたての直炭火焙煎で届きました

                 
                 注文先は『DNF・DAICHI NATURAL FARM

                 
                 今月2日
                 篠山『DONO』パーキング横のピザ窯の小屋が目にとまり
                 DNFの週末だけの販売に出会えた幸運

                 
                 (写真のピザ窯はDONE店主の手作り第一号とか)

                 P1160490.JPG

                 
                 2種類のコーヒー豆をネットオーダーしましたが
                  
                 DNFのblogの
                 センスの良さと写真の美しさにも時間を忘れて見入りました

                 
                 シンプルでブレていない生き方がカッコイイ


                 スターバックスやリッチなコーヒーもいいけれど
                 タイの山奥の素朴な豆と
                 丹波の山奥で炭を焼いて焙煎してくれたDNFに
                 思いをはせながら飲むコーヒーは
                 なかなか味わい深いものです


                2013.05.23 Thursday

                Get well と Lucky Pebble

                0



                   イギリスの伯母と従姉から
                   入院中の母へのお見舞いカード

                   
                   英語ではGet Wellというのですね

                   P1160393.JPG

                   
                   従姉からは箱いっぱいの母へのプレゼントも届き
                   私にも励ましの品々が入っていました(*^▽^*)

                   
                   このトンボのガラスは
                   『Lucky Pebble(幸運の小石)』

                   手の中に握りしめて願い事を念じると
                   愛や幸運やチャンスを引き寄せることができるのだそうです

                   P1160396.JPG

                   

                   moominも踵骨折で今しばらく松葉づえ…( ̄Д ̄;

                   Lucky Pebbleのご利益に期待したいです



                   

                  2013.04.03 Wednesday

                  mekikki

                  0

                     
                      
                      
                     先日 四条通から木屋町を下っていると
                     
                     高瀬川にかかる小さな橋の奥の小さな店に気づきました

                     
                     
                     
                     
                     4畳半ほどのスペースながら
                     デザインや素材が個性的な
                     アクセサリー・テーブルウェア・雑貨・帽子などが置かれています
                     

                     京都発信セレクトショップ
                     OUR DESIGNERS『mekikki
                     まさにオーナーの“目利き”が光る隠れ家的なお店でした

                     ショップブログにも素敵な商品が紹介されています

                     
                     ネックレス.jpg

                     おしゃれな帽子を ぐぐっと我慢して
                     リーズナブルなガラスのペンダントを買いました

                     
                     京都に通う楽しみが またひとつ 増えました


                     

                     
                    2013.02.02 Saturday

                    グッドデザイン賞の古民家再生カフェ

                    0


                       潮待ちの港を回りこむと
                       
                       先端にたつ常夜燈の傍に格子窓のカフェがあります

                       隣の白壁は坂本龍馬や海援隊が乗っていた『いろは丸』展示館

                       a cafe1.jpg


                       
                       『鞆の浦 a cafe (トモノウラ・ア・カフェ)


                       a cafe3.jpg

                       躙り口の木戸をかがんで中に入ると
                       シンプルなテーブルや椅子と対照的に
                       古い大きな梁や
                       今にも崩れ落ちそうな土壁が
                       新たな壁のボードから顔を出しています

                       

                       a cafe5.jpg

                       
                       ハワイアンの流れる店内の、新旧のコラボが絶妙

                       ふと見ると
                       さりげなくグッドデザイン賞受賞プレートが置かれていました

                       ◆

                       あとでグッドデザイン賞のサイトで調べてみると…
                       
                                             
                       2007年 GOOD DESIGN AWARD(グッドデザイン賞) 

                       
                       建築・環境デザイン部門 :建築デザイン

                       受賞企業:「デザインボード」(東京都)・UID 一級建築士事務所 (広島県)

                       (デザインボードは東京のデザイナーでつくる有限責任事業組合)

                       =受賞概要=

                        『鞆の浦 a cafeは
                         瀬戸内海国立公園随一の景勝地といわれる鞆の浦の
                         約150年前の建物を再生したカフェです

                         このプロジェクトはcafeという事業の形態をとりながら
                         一度は忘れかけられた地域の資産にデザインの視点で光をあて
                         関心を高めようとするものです

                         過去に民家や海産物の倉庫として使われていたこの建物は
                         その役目をおえて30年以上も放置されていたため
                         外部内部ともにかなり荒れた状態でしたが
                         昭和に入ってから新建材をつかって補修された箇所を丁寧に取り除くと
                         幕末の意匠や基礎石などが現れてきました

                         新しい造作要素や照明により
                         これらできるだけ活かすことを第一にデザインに取り組んでいます』

                       
                       ◆

                       a cafe4.jpg


                       次回は外のテーブルで潮風にあたりながらワインを飲みたい・・・


                       鞆の浦に通う楽しみが1つふえました




                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM